ビットコインの価格変動の歴史

仮想通貨の中でも、世界中で取引量が圧倒的に多いビットコイン。
しかし、上昇や下降が大きく激しいため、投資初心者であれば避けたい種類の仮想通貨でもあります。
注目されている仮想通貨ビットコインの相場や、値動きの理由を見てみましょう。

・ビットコインUSDの価格変動
ビットコインは、株式やFXといった商品と同様に購入・売却を行うことが可能です。
つまり、1ビットコインの価格はチャートで上昇や下落をするという事。
実は、ビットコインが世に出た2009年以降、長い間1BTC=USD 0.00という全く価値のない仮想通貨であるという時期が続いていたのです。

一度、2011年に多少上昇しました。
この時点で、ビットコインには投資の価値があると気付いた人間がおり、購入したという事です。
その後も大きな上昇がないまま2年が経ち、2013年に入り価格が高騰しました。
誰が購入したのかは判明し無いものですが、中国で購入者が増加したともいわれています。
その後、大きな上昇や下降を繰り返した結果ビットコインの価格は低下し、2015年の終わりから上昇していきました。
2014年の高値は15万円程度でしたが、2017年にはその比ではないほど高騰しています。
200万円以上の高騰を見せたため、大きな注目を集めました。

・価格変動まとめ
ビットコインの価格を振り返ってみると、1BTCの価格2009年はUSD 0.00、2013年は1,100程、2015年は250程、2017年は19,000程となっています。
大まかな数字だけを見ていても、上昇や下降が激しいことが分かりますね。
さらに、ビットフライヤーの縦軸円で2017年のチャートを詳しく見てみましょう。
2017年9月に50万円台となったものの、同月に30万円台に下降します。
この期間は、わずか2週間程。
これだけの短期間で、20万円もの下降をする可能性があるのです。
しかし、再び上昇し10月に入るまでに60万円台に。
10月には50万円程であったものの、12月にはなんと200万円超える大きな上昇となりました。
短期間、長期間どちらで確認をしても、ビットコインの価格変動の激しさが伺えます。

・需要による価格変動
株式であっても、価格が大きく変動するということは珍しくありません。
株式であれば、株式を発行する会社にトラブルが発生した場合などに大きな価格変動が起こります。
しかし、ビットコインには企業の業績など無関係です。
ビットコインの価格変動が激しい理由は、ビットコインの需要が関係しています。
急激に需要が高くなり、ビットコインの供給が追い付かない状態となった場合には、1ビットコインの価格は大きく上昇するのです。
反対に、需要が急激に減った場合、1ビットコインの価格が大きく下降することになるでしょう。