ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコインキャッシュとは、ビットコインの持つ様々な問題を解消するために作られた仮想通貨です。
ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて見てみましょう。

・システムの違い
ビットコインから分裂して作られたビットコインキャッシュ。
大きな違いとしては、データ容量の問題が改良されたという点です。
ビットコインでは、送金時の時間が遅いといった「スケーラビリティ問題」が起こっていました。
ビットコイン「トランザクションID」と呼ばれるデータは、ハッキングの恐れがあるものです。
マウントゴックス社も、トランザクションIDをハッキングされたことによりIDを盗まれました。

・大きな違いとは
送金時の問題とIDの問題は、ビットコインでは「Segwit」のみで解決しています。
この「Sigwit」を利用しているという部分が、ビットコインとビットコインキャッシュの大きな違いでもあります。
取引データは、送信元情報(インプット)、送信先情報(アウトプット)、データへの電子署名の3つで構成されています。
「Segwit」では、電子署名を別に管理することによって、取引データを小さくしているのです。
データの圧縮によって、送金時間の問題を解決しています。
出来るのです。
ビットコインキャッシュでは、この「Segwit」がビットコインを脆弱にしていると考えています。
ハッキングなどの外部攻撃による被害が生まれる可能性があると考えているのです。
さらに、「Segwit」で取引処理を向上させることにも限度があるとして、ビットコインキャッシュでは「Segwit」を導入していません。

・関係性
ビットコインとビットコインキャッシュは、無関係な訳ではありません。
ビットコインキャッシュではビットコインのデータ処理をしていた一部の人間がデータ処理を行っているのです。
ビットコインは「Segwit」によって、ビットコインキャッシュとは対立関係であるといわれています。
そのため、ビットコインの参加者からも注目を集めているのです。

ビットコインキャッシュは、これまでビットコイを始めとする仮想通貨の様に、一時的に不安定な状態となる事が予想されています。
投資家や開発者、データ処理を行う参加者が一丸となって、乗り越える必要があるのです。
これらを乗り越えない限り、仮想通貨として確かな地位を確立する事は出来ないでしょう。
ビットコインキャッシュは、ビットコインと無関係ではないものの、沢山の仮想通貨の中の1つであるという考えで投資対象にする事がおすすめです。