ビットコインとリップルの違い

仮想通貨には沢山の種類があります。
ビットコインが有名ですが、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと総称され、プログラミングが出来るのであれば誰でも発行することが出来るのです。
ビットコイン以外の仮想通貨にも投資をしようと考えている方も多いのではないでしょうか。
アルトコインの中でも有名なリップル。
リップルとビットコインには、どの様な違いがあるのでしょうか。

・最短送金時間
ビットコインとリップルには、さほど多くの違いはありません。
しかし、最も大きな違いは送金時間です。
ビットコインは10分であるとされていますが、実際は1時間程度必要。
しかし、リップルは5秒です。
この送金最短時間によって、ビットコインは送金が遅い・リップルは優秀であるといわれています。
送金時間については、今後もシステムの進化によって改善が見込まれる部分です。
ビットコインもリップルも安全に送金を行うことは出来るため、今後は時間についても違いがなくなっていくでしょう。

・大きな違い
ビットコインとリップルの違いとして、ネットワーク管理者が管理をする理由も挙げられます。
ビットコインは、ネットワークを管理する人間に対してビットコインを報酬として支払っているのです。
ビットコインのネットワークを管理している人間の管理理由は報酬(ビットコイン)を貰えるからであるという事になります。
リップルは、ネットワークを管理する人間に対してリップルで報酬を支払っていません。
リップルのネットワークを管理する人間の動機は、ネットワークを安定させることです。

ビットコインは、ネットワークを利用する人間とネットワークを管理する人間の利益が一致していないのです。
利益が一致していないことによって、ビットコインのコミュニティは分裂しています。
つまり、他に高い利益を得ることが出来るものがある場合、ビットコインのネットワークの管理を止めてしまうのです。
リップルでは報酬がないため、利用者、管理者共にリップルのネットワークを安定させることを目指します。
リップルネットワークでは、ネットワーク利用者とネットワーク管理者が同一となっています。
ネットワーク利用者が、自身で管理することが可能。
現在、マイクロソフトなどもネットワークの管理を行っています。

・まとめ
このネットワーク管理に関する内容は、実際にビットコインでは問題となっており、開発が滞る要因の1つともなっています。
これが、ビットコインとリップルの大きな違いであるともいえるでしょう。